メールフォーム又はLINEからのお問合せは、
  24時間土日祝問わず、全国対応で受付しております。
  お気軽にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください。
080-3039-5609

受付時間:10:00~17:00 定休日なし(土日祝対応可)

代表者ごあいさつ

代表者ごあいさつ

LEAP行政書士オフィス
白山大吾

大阪を始め全国オンライン対応でドローン飛行許可・承認の申請代行をおこなっておりますLEAP行政書士オフィス代表の白山大吾です。

近年、日本では建設・土木・農業等の分野において少子高齢化による人手不足や若手への技術承継が社会課題となっており、政府はロボットやICT(情報通信技術)、AI(人工知能)などの活用によりそれらの問題を代替して解決できる方法を模索しております。そのような中、一つの大きな代替手段として注目され始めているのがドローンです。ここ最近「空の産業革命」という呼ばれ方をよく耳にするようになりましたが、国はドローンを積極的に利活用ができる社会にするため数年前から航空法等の改正を再三おこなっており、ドローンをより安全かつ効果的に利用できるような環境整備をおこなっているところです。
また、近頃日本の地震や台風など自然災害が多発している状況も踏まえ、ドローンであれば救助員や作業員などの人命を危険な目に晒すことなく効果的に調査活動や支援物資ができるツールとなりますので、防災などの観点からもドローンのニーズは増しております。
そのような流れから政府主導のもと積極的に国内でのドローン生産や研究開発が進められており、ドローンは「現代社会になくてはならないツール」になりつつあり、また同時にドローン市場も今後伸びていく産業であると考えられます。


そのような時流のなか、ドローン飛行許可・承認の申請代行をメイン業務にする当行政書士オフィスの役割としましては、ドローンを業務や趣味で利活用されたいお客さま、お一人お一人の飛行プランを丁寧にお伺いした上で、ご要望内容に沿ったお客さまファーストのドローンの許可承認を取得することが当オフィスの最大の役目だと考えております。また、決して申請の代行だけで終わるのではなく、フライトまでのお客さまの疑問点や不安な点にお答えするとともに、リアルタイムの飛行ルールや法令等の知識を共有してサポートすることも行政書士として大切な役目だと考えております。
 
ドローンを工事進捗の現場、インフラ設備、屋根などの点検で活用をご検討のお客さま」
「農業など農薬散布や害虫駆除などでドローンを効率的に安価で活用してみたいお客さま」
「観光地などのPRに空撮映像を綺麗にダイナミックな視点から撮ってみたい、夜間のイルミネーションをドローンで空撮してみたいというお客さま」
アクロバット飛行・ドローンレースなどエンターテインメントの分野でドローンの申請代行を頼みたいというお客さま」
「個人の趣味で使用してみたいお客さま」
など法人・個人を問わず、様々な場面でドローンの導入・利活用をご検討のお客さまは、ぜひ当オフィスまで無料のご相談をしていただければと思います

無料相談ではお客さま第一をモットーに親切丁寧な対応を心がけておりますので、ドローン飛行許可・承認に関するご不安やお悩み等がありましたら何でもお気軽にお問合せください。
LEAP行政書士オフィスがお客さまのお力添えをさせて頂ければ幸いです。

代表行政書士 プロフィール

氏名

白山大吾(しらやま だいご)

所属

大阪府行政書士会
登録番号 第21262113号
会員番号 第8284号

資格

行政書士(申請取次行政書士)、無人航空従事者試験(ドローン検定)3級、日商簿記3級

学歴

立命館大学経済学部 卒業

所有機体

DJI AIR 2S

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

080-3039-5609

営業時間:10:00~17:00
定休日:なし(土日祝の対応可)

メールフォーム又はLINEからのお問合せは、24時間土日祝問わず、全国対応で受付しております。お気軽にご相談下さい

お気軽にお問合せください

お問合せ・無料相談はこちら

080-3039-5609

<営業時間>
10:00~17:00
<定休日>
なし(土日祝の対応可)
メールフォーム又はLINEからのお問合せは、24時間土日祝問わず、全国対応で受付しております。お気軽にご相談下さい。

LEAP行政書士オフィス

住所

〒564-0012
大阪府吹田市南正雀2-37-15

営業時間

10:00~17:00